やっぱりグリーンが好き

約2ヶ月ぶりのブログです。

寒かった気候が、一気に暖かくなりすぎ、
夏先取りのお天気がこの2−3日続きました。
皆様、体調くずされていませんか?
私の方は、連休どころではなく、とてもとても
ハードな2週間を過ごし、寝不足が続いているしだいです。

ところで、合間を縫ってぼちぼち昨年の写真の整理をしていたら、
「やっぱりグリーンが好き」と思える作品が出てきました。


またまたブーケです。
使っているお花が、スズランやシャクヤクなので、
今の気候にぴったりなブーケのような
気がします。



キャスケードグリーン

ラウンドグリーンブーケ


クリスマスローズのグリーンが甘すぎずいい感じです。

自然の色にはいつも感動です。
お花を生けている自分が癒される気がします。


グリーンアレンジは大好きです。
                        
                               nori



春のブーケpart2

今年はぶり返した寒さが厳しかったので、
いつもの年より春が遠く感じました。


さて、先日、国立国際美術館の「絵画の庭」を観にいきました。
「感想は?」というと、自分の中で賛否両論あり、消化不良気味でした。
でも、実は初めて奈良美智さんの作品を実際に観れたので、
その今にも動き出しそうなキャラクターに正直しびれました....
私は、生命や光を感じる作品に憧れますし、
私もそんな花を生けたいと思っているので、よい刺激になりました。



ところで、前回に続いて春にぴったりなブーケのご紹介です。
最近、ナチュラルなブーケはご無沙汰だったので、
このバック(バスケット?)ブーケはとても新鮮な気持ちで
作らせていただきました。

春のバックブーケ

オーダーしてくだった花嫁さんの人柄が凝縮しとようなブーケでした。
グリーンネックレスが軽やかで、かわいらしさ倍増ですよね...


グリーンネックレスつながりで、もう1作品。

花冠

こちらもナチュラルな花冠で、とてもキュートです。
出来上がったとき思わずガッツポーズした作品です。

花冠は子供の頃シロツメクサで作った思い出が強いので、
「甘、甘」が苦手な私でも、歳甲斐もなく付けてみたい気がします........


春のブライダルシーズンに突入しました。
毎回いろいろな人、花に出会えます。
そんなこんなで、日々楽しく花を綴っています......

   
                          nori




春のブーケ

大変ご無沙汰しておりました。
昨年の11月中から、今まで、活動を休止していた訳では
ありません。。。。。
なかなかブログまで、行き着けませんでした....

新年のご挨拶もせずに、ほんと申し訳ございません。。。。
「1月行く、2月逃げる、3月去る」と言われるように
あっという間に日が過ぎていくのですが、
3月の手前で、やっとブログをアップできました。

今週は少し暖かいようですが、今シーズンの寒さは堪えました。
流行の生姜にだいぶ、お世話になり、
大きな風邪など引くことなく、なんとか冬を乗り切れそうです。


ところで、切り花の市場は
すっかり春の花が出回り、寒さにも関わらず、
チューリップ、ヒヤシンス、スイートピーなど、
心躍る香り、色に魅せられて、癒されます。

チューリップは暖房がんがんにかけていなかったら、
水換えいらずで、1週間以上は持つので、
「お・と・く」 です。

チューリップといえば先日、春先取りのブーケをお届けしました。
私はやっぱりチューリップ大好き。
このブーケはかわいかったです。

チューリップブーケ


話は変わりますが、
最近、華nonで、よくご注文いただくのが、
リストブーケです。

人気の理由
・お色直しの際、キャンドルサービスや、ドラジェを配ったりするのに
 ブーケより断然両手が自由になる
・色やリボンを変えることで、ドレス1着でも雰囲気が変わります

 (欲を言うとこの時ヘアーには生花をたっぷり使用してほしいです。
  ぜったい素敵です。)

リストブーケ

このリストブーケに使用したバラ、は「モンテビアンコ」といいます。
咲けば1輪でも10センチ以上あるので、存在感があります。

オレンジ色ですが、元気というより上品です。


まあこんな感じで、またちょこちょこブログも書いていきたいと思います。
どうぞ時々のぞいてみてください。
今後ともよろしくお願い致します。


                         nori






百合のブーケ

百合蕾のブーケ


「敢えて蕾みのみ使う」その感覚が好きで、
ここぞと思った方に、おすすめしています。


今回のブーケもそうです。
私にしては珍しく、強引にオススメしてしまいました。
リボンも黒でカッコよくきめました。
このままだとハードすぎ???

いえいえ、ドレスにはしっかり百合のモチーフ、
ヘッドには生花のピンクの百合を1輪。
素敵です。



個人的に大満足のお仕事でした...............................nori



ダリアのブーケ

ダリアを使ったシンプルだけど贅沢なブーケです。

手の込んだブーケだったので、
きちんと写真に残したかったのですが、
残念。

ダリアブーケ

ダリアブーケ2


でも、やっぱり............

ブログに公開してしまいました

                           nori

バタフライ

蝶の羽

江坂ジャルダンのブライダルフェアー模擬式の写真です。

この蝶の羽カワイイでしょう。
フィリピンのおみやげにいただいたものです。
日本ではなかなかない色合わせ、素材感、
つけてみるまで、???って感じだったのですが、
子供は大喜び。
蝶になって走り回っていました。
なんてキュートなの....
思わず親ばかになって写真を撮りまくりです。

そこで、フェアーにも登場。
羽にあわせて即席でシュシュまで
手作りしてしまいました。


この日のツインズはすっかり幸せを運ぶ妖精になり、
ごきげんでした。


見学にこられた方々のハートもしっかりゲットしたような気がします。



                       nori




ラナンキュラス

前回に引き続き、ブーケ特集です。
今回はラナンキュラス。

蕾はまんまるでキュート、花開くと
薄紙を幾重にも重ねたような繊細でやさしい花
バラのようにスマートな感じではないけでど、
おおらかで存在感があります。

切り花では今の時期が花持ちもよく
種類も豊富で、まさに旬なお花です。

  ラナンピンク

  ラナンオレンジ



十五年以上も前、初めてのフラワーアレンジの
体験レッスンで白のラナンキュラスに
出会いました。
その時、このラナンキュラスに一目惚れ。
柔らかく薄い白の花びらは中心にいくほど、
ライトグリーンになり、やさしい光を放っているようでした。
花にはまるで無知だった私,
「世の中にはこんな可愛い花があるんだ。
これはたくさんの人に伝えなくては...」
私の使命だ!くらいに意気込みます。
それから、お花の道にどんどん進んでいくことになりました。
思い出のお花です。


  siro



ラナンキュラスが一番美しいこの時期、
いつもその時のことを思い出しては
初心にかえります。

花業界も、日々新品種や、
なんともいえないニュアンスカラーや、
珍しかったアンティークカラーの花が
改良が進んで、たくさん出回るようになりました。
仕入に行く度に驚きや感動があります。

少しでもブログ等で,そのお花達を
ご紹介できたらと思っています。

                   nori


ブルースター

昨年はブーケにブルースターをよく使いました。

実のところ,このブルースターというお花、
星形でとてもきれいな水色でなんともカワイイんですが、
樹液(濃厚なミルクにたいな液)が有毒で、
私のように皮膚の弱いものがそれにさわると
かぶれてしまい大変なことになります...
だから、いつもお打合せで「ブーケにブルースターを入れてほしい」
と言われるたび、心の中ではちょっと気が引けてたんです。

ところが、去年は喜んで,たくさんのブルースターを使いました
(手にフィットして細かい作業もしやすい手袋のおかげなんです)
清楚で,可愛いお花は、
アレンジしていても嬉しくなります。
最近のブルースターは品種改良が進み
花持ちもよく発色も綺麗で,本当にオススメできます

それに何と言っても花言葉がGOODです。
『花言葉 / 幸福な愛・信じあう心』
ブライダルにぴったりです。

挙式用に清楚な白のブーケのポイントに入れてもステキです。
お色直し用にブルースターをたくさん集めて、
小振りなステッキタイプやバックブーケもキュートです。
ヘアーにブルースターを散らしても可愛いですよ。


   白オーバル+ブルースター


   ブルースターステッキブーケ


   ブルースターステッキブーケ2


   ブルースターステッキブーケ3


   ブルースターミニバックブーケ



花嫁の身に付けるものや、ブーケに水色をいれるのは、
花嫁がなにか青色のものを結婚式当日に身に付けていくと、
幸せが訪れるという言い伝え「サムシング・ブルー」からきています。

これは200年以上も前よりヨーロッパで語り継がれているそうです。
もともと青色は古代、女性の慎ましやかさや誠実な心を象徴し、
聖母マリアのシンボルカラーとして知られているらしいです。

サムシングブルーの由来を知ると
ブーケに使う意味もより深いものになります。


アンティークなカラーのブーケ、赤のブーケも良いですが、
白とブルーで統一した清潔感溢れる清楚なウェディングも
やっぱりいいですね.....      

                       nori



トルコのメリア

実は、華nonでもお正月のアレンジを販売しているんです。
ほとんど個人的に頼まれたものばかりですが....ご好評いただいてます。
毎年、「お正月花をもっと販売しよう!」と考えているのですが,
クリスマスまでで、正直息切れしてしまって
お正月アレンジがホームページのオンラインショッピングに並ばないうちに
今年も終わってしまいそうです。申し訳ございません....


ところで、私にとっては秋から年末へとダッシュで
駆け抜けた年となりました。
今年もたくさんのアレンジ、生け込み、ブーケを作らせていただきました。
思い入れ深い作品がほとんどです。

その中でも特に印象深い作品は、トルコで作ったメリアブーケです。
トルコの花びらを何枚か重ねてワイヤリングしたものを
幾重にも束ねて1つの大きな花に仕上げた、
15〜18センチほどの大きな花(メリア)を4つ使い、
アームブーケ風に仕上げた大変手間のかかったブーケです。
この時はブーケ以外に、ヘアーやドレスにもおおきなメリアを
あしらいました。
ドレスがシンプルで,清楚だったため、
トルコキキョウの花びらが上品でやさしく花嫁を引き立てました。
改めて生花の良さを確認させられました。


    トルコメリアブーケ

    トルコメリアブーケ2



この仕事をしていて思うこと...
結婚式、披露宴は
お二人を祝福して来られるゲストに少しでも喜んでいただくという
おもてなしの心の現れであってほしい。
背伸びする必要はないけれども、
自分達で出来る最大限のおもてなしを実現するために、
お料理、空間、音楽そしてお花はこだわってほしいかなぁ....
私たち華nonは全力投球でそのご要望にお答えできたら...と思っています


それでは来年も素敵なお花をご提案出来るように一同頑張ります
どうぞよろしくお願いいたします。


                         nori

中央公会堂披露宴・小集会室

披露宴
披露宴は小集会室で行われました。


ノスタルジックな小集会室は
優しい光が包み込み、和やかな雰囲気にさせてくれます。ニコニコ


お花は上品で華やかなパープルをアクセントにコーディネート。

席札
お師匠の手書きの墨字メニュー表とお花の席札は
とても好評でしたラッキー



そしてお色直し

ヘアーオーナメント

オーバルブーケ
カラードレス用のブーケは
グリーンのドレスに映える鮮やかなオレンジ色。
ポイントにパープルのスカビオサをいれて
会場との統一感をラッキー



ブーケプルズ
ブーケプルズ
一本のリボンだけがブーケにつながっていて、
当たった人はブーケが貰えますラッキー
やはりブーケを貰うと幸せを譲ってもらえる気がして
嬉しいですよねチョキ




花束贈呈
新婦の両親への手紙を読み終え、花束を贈呈です。
普段、友人から聞いている話と
手紙の内容が重なり、私までウルウルもらい泣き。
色んな事を思い出しました。
それが両親や家族だとなおさらのはずです。

今回、改めて
花束やブーケ、おもてなしの装花を飾る意味を
思い出させてくれた気がします。

写真載せさせてくれてありがとう。
これからも二人仲良くお幸せに...

                      yuki









selected entry

categories

archives

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

profile

書いた記事数:330 最後に更新した日:2018/06/03

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM